×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開設日2002年3月6日
最終更新日2002年7月7日

県道120号 徳島小松島線

区間 徳島市万代町〜小松島市大林町
沿線 旧国道55号線
特徴  
主要区間 徳島市万代町(国道11号55号)−徳島市新浜本町(県道29号線・末広大橋)−
徳島市大原町(県道16号線)−小松島市江田町(県道17号線)−小松島市南小松島町
(県道33号線)−小松島市大林町
注意点 小松島市中田町内は中央線のない車線区間

元、国道だけありほとんどの区間が2車線になっているが、小松島市内の一部区間は
中央線のない2車線となる。大型車は県道17号線へと迂回するように案内がある。
なお、県道標識はない模様。


小松島町内にある看板。直進が県道18号線になっていますが本当は213号線のようです。


県道のページに戻る
トップページに戻る