×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終更新日2002年3月11日

県道146号 鶴林寺線


うねうねうねうね

勝浦町から登った県道283号線、そこから分岐して鶴林寺まで通じる約2kmの道。
手持ちの県道に関しての資料には「146号 鶴林寺線」とありますが、現地には県道であることの
表示等いっさい無く、この道がその県道に該当するかはいっさい不明ですのでご了承下さい

区間 勝浦町生名(県道和食勝浦線分岐〜勝浦町生名(鶴林寺駐車場)
特徴 標高500mを越える場所にある20番札所・鶴林寺に向かう道路
気持ちいいくらいの急坂
注意点 全線1.5車線。ガードレールはほとんどない
きれいに整備されているが、道の谷側には明らかに山側からきたと思われる土石が
転がっている。落石等は非常に多そうな雰囲気。大型車も通る可能性有り。


へあぴ〜ん

道沿い、土が流れ木の根が見える

駐車場にはトイレ・公衆電話もある。
車上荒らしがあるらしく防犯カメラ設置のプレートがあちこちにある。ばちあたりだなぁ。


県道のページに戻る
トップページに戻る