×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開設日 2002年8月28日
最終更新日2002年12月6日

県道163号 大歩危停車場線


国道32号線から大歩危橋を渡った突きあたりにて

区間 JR土讃線大歩危駅〜国道32号交点
長さ 総延長:369m 重用延長:191m(大歩危橋部分) 実延長:178m
(平成13年4月1日現在「道路現況調書」より)
特徴 橋を渡って急降下で駅前へ。ロータリーあります。
JR利用の場合、祖谷観光のスタート地点

おそらく国道からが正式な区間だと思いますが、県道45号線に飲み込まれているので不明です。
池田町から国道32号線を高知方面へ約25キロ、「かずら橋」「祖谷温泉」等々観光地への看板が出ている県道45号線との交差点を左へ。大歩危橋を渡った先で左におりて行くのが県道163号線。


大歩危橋。むこうが国道

幅員狭小のため大型車遠慮下さいの看板あり

いきなり下り11%の標識

この県道の全容です。奥の「歩危マート」の前を通り
下の駅前ロータリーへと続きます

狭い道幅と高低差の強引な回り込み

大歩危駅ホームを見下ろします。
やたらと線路が長いのは、荒天時運転見合わせの
列車待避のためだそうです

駅前ロータリー、客待ちのタクシーの運ちゃんやら近所のおばちゃんやらが集まって話をしておりました。
みんなが一斉にこちらをみるのでそそくさと立ち去ってしまいました。
ちなみに橋を右に曲がると上り10%勾配の標識があります。


大歩危橋で不思議なもの発見

305号の県道標識。
そう言えば現在305は欠番になってるよなー。
祖谷道路がこの番号だったのか?

撮影日 2002年12月1日


県道のページに戻る
トップページに戻る