×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終更新日2002年11月25日

県道200号 蒲生田福井線−2−
蒲生田岬へ行って来た


普通の経路で行って来ました。国道55号、阿南市福井町で「←(26)椿泊」と書かれた方へ。
椿坂トンネルを越えて阿南市椿町へ


トンネルそばにある観光案内図

坂を下る途中で県道200号登場

県道26号と別れ単独走行

椿川沿いに走ります

椿町・椿泊町へのメインルートなので道はおおよそ2車線になっていますが、一部狭いところもあります。


JAの先に現れる看板

このあたりも対向できないっす

川を渡り少し先を左折すると

右側は工事用道路だそうで通行禁止です
椿湾をはさんで、左側が椿泊、右側が蒲生田岬
このあたり良い漁場だそうで釣り客が多いです。
関西から釣り船に乗ってこの沖合まで
来ることもあるそうです

山道へGO!

せまっ

道はきれい

路肩の白線が消えます
(ここまでが県道?)

山道じゃん

このあたりはまあ広い

椿泊を眺める

山肌がそのまま
道が広くなって山の方になにやら施設が見えます。
こちら船瀬温泉です。
大昔、石油精製基地を造ろうとしたけどぽしゃってしまい
その用地が阿南市に寄付されて・・・
だったと思うんですけど。
以前「○○石油所有地」みたいな看板を見たような記憶が・・

温泉過ぎると一気に道が腐ります

砂が路面にあふれている

このあたり対向不能区間が続く

切り通しの先が蒲生田の集落

なぜかは知らないですがこの先、田んぼの中の道が舗装されておらず、案内等もありません。
どっちに進めばいいのかなぁ。とりあえずまっすぐ進むと


到着〜。

うみがめ産卵地として知られています
日本ウミガメ会議が阿南市で行われていたこともあってか
なんだか人が多かったような気がします。

廃校となった小学校や旅館の前の
頼りない道を進むと

岬の駐車場へ到着

大池巡りの遊歩道

でも不気味なのよ

灯台まで行くのは初めてです

海のすぐそばを歩きます
灯台へと上る階段。さて、何段あるでしょう(笑)
数えながら登っていたら同じこと考える人がいたのが石段に「50」とか「100」とか書いてありました。
結構急なので運動不足の体にはきつい。

遊歩道から紀伊水道

灯台から椿湾
 

海沿いの遊歩道にたくさんのゴミが流れ着いていました。発泡スチロールやペットボトル容器など。
ちょっと残念。
あと、温泉までの道は狭い道に不慣れな人も多く、カーブでまん真ん中を走ってくる対向車もあるので注意しましょう。

撮影日 2002年11月17日


県道のページに戻る
トップページに戻る