×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終更新日2002年3月18日

県道228号 大谷櫛木線

区間 鳴門市大麻町大谷(県道12号)〜鳴門市北灘町櫛木(国道11号)
特徴 かるーく峠越えの道。
沿線 天ヶ津(あまがつ。天ヶ津峰、天円山(あまがつぶやま)とも呼ばれる)登山口
大谷放牧場・星越峠
注意点 ダンプが通ります。

峠部分でも標高は130mそこそこ。距離も短いので楽な気分で峠越えが楽しめます。


県道12号線を北へ

正面の高架は高松道


道は全線通して、中央線のない2車線。普通車同士なら減速すれば対向は問題なし。
大麻町側はきついカーブや急坂もなく、大谷川沿いにたんたんと登って行く。


峠に設置された看板。
放牧場と天ヶ津への入り口。
ダンプはここから出てくるようだ。

星越峠。舗装もきれい。

峠を越えたらすぐヘアピンカーブ
足下から左へ、中央奥で一回ヘアピン
真下に戻ってきて右の写真へ

きついカーブはこの地点のみ。
この後はゆったりと下って行く


中央線は最後まで現れることはないが道幅はそこそこ広く、ミラー・ガードレールはよく整備されている。
なにより明るいところばかり走るので気持ちがよい。

撮影日2002年3月18日


県道のページに戻る
トップページに戻る