×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最終更新日2002年12月5日

県道271号 粟山殿野線

山城町仏子にて

区間 地図 山城町粟山〜山城町重実(国道32号交点)
長さ 8668m(平成13年4月1日現在「道路現況調書」より)
沿線 とびのす峡 奥小歩危温泉

池田町から国道32号を吉野川沿いに約15キロ走ると、信号も青看板もない粟山殿野線の分岐。
白川谷沿いに走ります。


目印は「とびの巣峡」と「奥小歩危温泉」の看板

1車線で登りが急
白川か光兼あたり
近くの河内小学校は全校児童8人だそうです

トップの写真と同じ場所

塩塚高原へも行けるそうですが
右に登る道、かなり急坂なんですが

再びくにゃくにゃ道

と思えば、恐ろしく高規格な改良済み区間
とびの巣峡
白川谷の激しい流れに水蝕された、特有の青石と清流の
渓谷です。両岸には、さくら、かえで、もみじが生え
春は桜、秋は紅葉がとぎすまされた片岩の
変化と清流に映え、美しいコントラストをかもし出す、
自然の大庭園です。平家伝説も多いところで上流には、
民宿、奥小歩危温泉があります。

交通量はほとんどありません

奥小歩危温泉 入浴料400円

北側の山の向こうには、黒川谷というのがあるようです。
途中、急坂を登るように分岐する道の中には「←新宮」という案内もありましたがどんな道なんでしょ

撮影日 2002年12月1日


県道のページに戻る
トップページに戻る