×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

開設日2002年3月15日
更新日2002年10月26日
最終更新日2002年11月23日

県道200号 蒲生田福井線

区間 地図 阿南市椿町〜阿南市福井町小野
全長 総延長:14460m 重用延長:98m(県道26号) 実延長:14362m 自動車通行不能:994m
(平成13年4月1日現在「道路現況調書」より)
特徴 四国最東端の岬、蒲生田岬と国道をつなぐ険道
注意点 岬に温泉施設ができたことから交通量が増えた
また、西へ向かいJRの線路と出合うと道はますます険しくなるので通らない方が吉

蒲生田岬へ行って来ました。こちら からどうぞ


福井町の国道から分岐、以前狭そうなのでパスした区間を走りました。自転車で
(実は2週間前にも挑戦して、福井ダムの登り坂でばててしまい引き返していたのでした)

今日の相棒、てんとうむし。
2年ほどほったらかしにしていたのであちこち錆が出ています。
空気も抜けていたので虫ゴム交換しました。ベルトドライブ・3段変速・暗くなったら勝手にライトとママチャリにしては結構高級品だったりします。(当時定価5万円、購入価格4万5千円)
福井ダム資料館前休憩所にて

国道55号との分岐から走りました。 (地図の「1」から「2」の間)


案内もなく、斜めに分かれていきます

県道標識があります

ちょっと狭いです。でもまだまだ。

国道の下をくぐり東側へ

やはりなんの標識もなく、左へ曲がる
直進すると県道25号へと突き当たります

念のため確認。きちんと蒲生田福井線とあります

田んぼの中を走る広めの1.5車線

改良区間もここまで

一気に不安をかき立ててくれます

轍を見ると道幅がわかるかと
もっと上の方まで登らないといけないかと思っていたのですが案外すぐに峠?につきました。
勾配もそんなにきつくなく、何とか乗ったままたどり着きました。
(福井ダムではほとんど降りて、押して登りました)
右に見える階段は水道施設(タンク)へと続く。
峠の名前などが書かれたものがないかと見るとお地蔵さんがあったのですが、一緒に卒塔婆もあったのでそそくさと・・・

正面は竹林。この付近の特産品です

これって結構気色悪いのでは

林業・農業関係の車が通るようです。
実際、道の真ん中に車を止めて話している人がありました

歩いている人もいました。ビックリした。
相手はもっとビックリしていると思うが
(こんなとこで自転車・・・・)

ところどころこのように広くなっています

車でこなくて良かったかも

民家が現れた。

と思うと道幅が広がる。以前はここでUターンしました

三叉路に到着。右へ進むと阿南市椿町

ちょうど汽車が来ました。エンジンブレーキ効かせまくり

この県道、峠?を越えてすぐからはJRの線路のそばを通ります。のぞき込めば線路が見えるかも知れないです。
元気だったら蒲生田岬まで・・・と考えていましたけど本当に帰れなくなる気がしたので、JR沿いに国道まで延びる川沿いの道を走って戻りました。この道、3キロ足らずの間に7回も線路の下をくぐります。下りばかりなので楽々でした。
参考:自宅からの往復 約36キロ  最高時速:28.5km/h 所要時間:約3時間 ふぅ・・・

撮影日 2002年10月26日


蒲生田岬訪問しました。こちら へどうぞ!


県道のページに戻る
トップページに戻る